ベイスターズ「スターナイト」に参戦!ユニフォームもらって花火を観ました【立ち見,横浜スタジアム】

横浜スタジアムにやってきました。

この日は巨人戦で、かつ「スターナイト」というベイスターズ戦の一大イベントでございました。

年々チケット争いが熾烈になっていくスターナイト。今年は初の巨人戦での開催。

そこに私が初参戦してきましたので、ご紹介いたします!

横浜ベイスターズ夏の一大イベント「スターナイト」

f:id:abmngkr:20180812151535p:plain

「スターナイト」とは、毎年夏の横浜ベイスターズで開催される、ユニフォーム配布の日のことです。マリーンズで言えば「マリンフェスタ」ですね。

『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』とは、球団創設初年度となる2012年シーズンから毎年開催している横浜・夏の一大イベント。
選手、ファン、そして街の皆さんも、 スペシャルユニフォームを着用して戦う特別な夜です。
今年のデザインテーマは、 “スパンコールのように輝く横浜の星空”。
きらきらと、まるでスパンコールのように輝く横浜の星空を、 濃淡をつけた“横浜ブルー”で表現しました。

YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018 Supported by 横浜銀行 | 横浜DeNAベイスターズ

今年、配布されるユニフォームのデザインは以下のような感じです。

スパンコールのようなデザインはまるで光っているようで、イベントのプレミア感を演出してくれますね。

f:id:abmngkr:20180812151806p:plain

YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018 Supported by 横浜銀行 | 横浜DeNAベイスターズ

ユニフォームはビジター応援席以外で配布でした。

イベントはユニフォームの配布と、試合後のセレモニーになります。この構成はマリンフェスタと変わらずですね。

立ち見で参戦!意外と快適だった?

熾烈なチケット争いの末、立ち見での参戦となりました。立ち見でもチケットを取るのが大変なんですよね。

しかし、ハマスタの立ち見は案外広くて快適な印象を受けましたね。

ハマスタの内野席が狭すぎるというのもありますが.....立ち見でかなり諦めていたところがあったので、その割には試合も普通に見れてよかったです。

高所恐怖症なのがちょっとつらかったくらいですが、東京ドームやマリンの後ろの方と比べても、遥かに見やすいと思いますよ。

売り子さんもちゃんと来てくれます。

青一色に染まった横浜スタジアム!

さすがユニフォーム配布日ということもあって、横浜スタジアムは真っ青に染まっておりました。

みんなもらったユニフォームか、スターナイト仕様のユニフォームを買って来ていましたので、一塁側は本当に真っ青でございました。

また、この日は7回裏に飛ばすロケット風船を配布しておりました。そのため、いつもよりも風船が多く、ラッキーセブンの瞬間は壮観でしたね。

試合がアレなのでハマスタをエンジョイする

試合は終始ジャイアンツがリードして、ベイスターズが一向に反撃できない、まるで面白くない展開でした。

なので、試合ほっぽり出して「ベイ餃子」を買いに来たりしていました。

セットでシーズンリミテッドビールも購入しました。

コクの中にフルーティーな味わいがあり、まさに「クラフトビール」といった感じでした。

ちょっと味はマリーンズビールに近いかな?と思いました。

買ったビールで乾杯したり、

ベイ餃子を満喫していました。この餃子すっごく美味しいんですよ!

とにかく試合がしょっぱい展開なので、もう1杯、乾杯していました。笑

ボロ負けのあとに見るセレモニーと花火

試合は1-7とボロ負けでございました。

それでも試合後のセレモニーは行われます。

球場内が暗くなると、みんな青いライトをかざしてとてもキレイでした!

私もペンライト持ってくるんだった~。

なんかエモい映像が流れて

花火が上がりました。打ち上げはなく、吹き出しだけでしたね。しかし、数は多かったです。

映像と花火でおしまい。

感想

うーん、マリンフェスタ同様、勝って見たかったなーと思いました。

ユニフォームはカッコいいですね。年に1回の特別感があります。

プロ野球ナンバーワンともいわれているイベント「スターナイト」ですが、やっていることはマリンフェスタと大差ないんだなあと思いました。

むしろマリンの方が打ち上げ花火ですしこの前は1000発あったので、「マリーンズまだまだやれるじゃん」とポテンシャルを感じました。

まあ、このイベントを先駆けてやったベイスターズの先進性がすごいんでしょうけど。クラフトビールもめちゃめちゃ種類増やしてますし。

来年は勝つぞ!あと座席で観たい!