サッポロビール千葉工場「新・黒ラベルツアー」を満喫!記念品のグラスにも大満足!【工場見学,南船橋】

先日、千葉県船橋市にある「サッポロビール工場」に行ってきました。

サントリー、アサヒの工場見学は行ったことあったのですが、サッポロは初めてになります。

私はサッポロクラシックや黒ラベルが好きなのもあり、なかなか良い見学となりました。

今回はその模様をご紹介いたします!

予約は基本インターネット。ただし、直前に電話すればいけるかも?

予約はインターネットからできます。土日は結構空いてなくて焦ります。

千葉工場 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

しかし、インターネット予約ができなくなった直前以降にに電話すると意外と空いてたりします。

私は日曜日に行ったのですが、金曜時点では空きがなかったですが、土曜に電話して予約ができ、なぜか当日はガラガラだったので、結構いけると思います。笑

また、現地では以下のような看板がありますので、現地に突撃して申し込むという力技もあります。

千葉工場は「津田沼駅・新習志野駅・南船橋駅」から無料バス

サッポロ千葉工場はJR津田沼駅、新習志野駅、南船橋駅、京成本線船橋競馬場駅から無料バスが出ています。

私は今回、南船橋駅から行きました。南船橋駅はららぽーとやIKEAがある場所ですね。

無料バスの時刻表はこんな感じです。行きは良いのですが、帰りのルートがな~という感じでした。

この後にも予定があったので今回は南船橋まで歩いて帰りました。

f:id:abmngkr:20180807085131p:plain

南船橋駅前にバスが来てくれました。

サッポロビール用にラッピングされててすげえと思いました。

コース2つに1台ずつ、計2台があるそうです。

バスに揺られて工場へ。工場の上にある、黒ラベルの星マークが目立ちますね。

ひと目でサッポロだとわかる、キャッチーな建物です。

サッポロビール千葉工場は海沿いにあります。

その名は「マリンハウス」。おしゃれな建物です。また、植えている植物など、海沿いの雰囲気を出していますね。

マリンハウスに潜入!サッポロの歴史がお出迎え

マリンハウスに入って受付を行いました。

入るとまず、大きな大きな黒ラベルの星マークに圧倒されます。

受付を通った後は開始時間までラウンジで待機することになります。

ラウンジでは、サッポロビールの歴代の缶が並んでいたり、サッポロの歴史を感じることができました。

工場見学開始!まずは黒ラベルの始まりを学ぶ

f:id:abmngkr:20180807133225p:plain

今回申し込んだのは「新・黒ラベルツアー」です。約80分間で工場見学と試飲がセットになったコースです。

工場見学がスタートすると、まずは「黒ラベル」の始まりについて説明を受けます。「黒ラベルの星マーク」が何を指しているかや、

「黒ラベル」という銘柄がリリースされる経緯などを学びました。

こだわり抜いた原料を知る

黒ラベルの始まりについて学んだ後は、黒ラベルの原料について説明を受けます。

ビールを構成するのは主に「麦芽とホップ」。それについて、黒ラベルのこだわりを聞くことができます。

原料の種類が少ないだけに、ひとつひとつが大切になりそうですもんね。

仕込み・発酵・熟成を担う大きなタンクにびっくり!

ここから製造工程の話に入っていきます。

まずは仕込みや発酵、熟成を行うタンクを見ることができます。

大きいわ数が多いわで驚きました。

聞けば、日本の黒ラベルの多くをここで製造しているとのこと。

そりゃ規模も大きくなりますわと納得。

道中、タンクの大きさを再現した部屋に入ることができます。これでも高さが何分の1でした。

これだけのタンクのビール、うちまで送ってくれないかなあ...

ビンのリサイクルを学ぶ

個人的に驚いたのは、ビンの「リサイクル」のコーナーですね。

かなり多くの量のビンがリサイクルされているのですが、アサヒ、サントリー、サッポロのビール瓶は仕様が共通で、各社区別をせずにリサイクルすることができるそうです。

一方でキリンだけはビンに「KIRIN」と入っているので区別しなければならないそう。そこは揃えてよ、キリンさん...。

その後、出来上がったビールを缶に詰める工程を見学しましたが、写真NGだったので割愛。

45分ほどかな?の工場見学が終了し、試飲に入っていきます。

お待ちかねの試飲タイム!工場の出来立て黒ラベルを味わう!!

最後は待ちに待った試飲のコーナーです。試飲はマリンハウス内にある「マリンサロン」という場所で行います。

マリンサロン内には、黒ラベルのCMに出た著名人のサインが置いてありました。星野源のもありましたね。

これから試飲に入りますが、お酒が飲めないという方のためにノンアルがいくつかありました。これならビールが飲めない方も安心ですね。

試飲する場所は食堂のような場所になっているのですが、今回は人が少なかったので、借り切りのような状態でした。

他のお客さんやガイドの方ともよくコミュニケーションを取ることができたのでよかったですね。

試飲のビールはこのめちゃめちゃカッコイイ黄金のサーバーから注いでくれます。さすがサッポロの人だけあって、注ぎ方がうまいことうまいこと。

以前行った黒ラベルの「パーフェクトビアガーデン」を思い出しますね。あそこのビールも美味しかった...。

サッポロ黒ラベル「パーフェクトビアガーデン」でサク飲みしました【新宿,ビアガーデン】

注いでくれたものがこちら。泡がうっとりするほど綺麗です。まさにパーフェクト!

「飲んだ後にグラスにリングが出来るのが良いビールなんですよ〜」とガイドさん。

実際に飲んだ後のグラスに、綺麗な泡のリングができていました。

ちなみにガイドさん曰く、私の飲み方は上手だということ。照れますね。

3杯の黒ラベルを試飲しつつ、おつまみも楽しみました。

やっぱり食べるものがあるとビールも進みますね。

ちなみに、試飲の間に「缶ビールの注ぎ方」もレクチャーしていただきました。その時に注いだビールもいただきまして、結果4杯飲むことになりました。

軽く飲み過ぎなんじゃないかと思いましたが、大満足でございました。

ちなみに横では南極へ行くのに使ってた船「しらせ」が止まっておりました。こちらはもう1つの見学コースで見ることができるそうですが、この日は台風による強風のためコースは中止になっていました。

お土産のグラスにも大満足!!

工場見学の最後にお土産としてグラスを貰いました。

「CHIBA BREWERY」という文字が入っている限定品。これだけでも500円の価値はありましたね!!

さっそく「サッポロクラシック」を注いで飲みましたよ。

くーっ。うまい!