「ZOZOTOWN×CHIBA」のコラボアパレルがイケてて欲しくなる【千葉県,千葉ロッテマリーンズ,千葉ジェッツ】

f:id:abmngkr:20180625223033p:plain
http://zozo.jp/shop/zozochiba/

千葉県千葉市・海浜幕張に本社を置くZOZOTOWN。

世界的なIT企業が千葉市にオフィスを置いており、これだけでも信じられない話なのですが、最近は地域振興の部署ができたらしく、花火大会への協賛やZOZOマリンスタジアムの命名権の取得など、千葉県に多大なる貢献をしてくれています。

ありがとうZOZO。千葉市出身の私としても嬉しい限りです。

そんなZOZOが地域振興の手を緩めず、今回は「千葉県とコラボ」をし、千葉県の団体などとコラボしてアパレル商品を出しました。

それが非常に欲しくなったので紹介したいと思います。

千葉ロッテ、千葉ジェッツ、ジェフ千葉、千葉氏とコラボ

今回ZOZOTOWNがコラボし、商品を出したのは

  • 千葉ロッテマリーンズ(プロ野球)
  • 千葉ジェッツふなばし(プロバスケ・Bリーグ)
  • ジェフユナイテッド市原・千葉(サッカー・Jリーグ)
  • 千葉氏(千葉の名の由来となった武将)

となっております。千葉県のプロスポーツを攻めつつ、千葉市の「千葉氏」とコラボ。

これは今年、千葉開府900年を迎える千葉市がそれを広報するためにZOZOに働きかけた可能性がありますね。

いずれにせよ、千葉の歴史と、こういったアパレルがコラボするのは素晴らしいことですね。我々が千葉のルーツに興味を持つ良いきっかけになります。

千葉ロッテマリーンズは千葉県出身の選手がプロデュース

ZOZOマリンスタジアムになって以降、マリーンズのグッズに徐々に進出しているZOZOTOWN。

今回の千葉県コラボでももちろんマリーンズとのコラボを果たしました。

コラボでは、マリーンズの千葉県出身選手5人がデザインを手がけた「限定オリジナルTシャツ」を販売。福浦、涌井、唐川、吉田、清田の5名がデザインしています。

ZOZOTOWN監修のもと、千葉県出身のマリーンズ選手5人がデザインを手掛けた「限定オリジナルTシャツ」の予約販売が開始!
選手のポジションをイメージしたデザインや、好きな言葉をあしらったデザインなど、選手がこだわり抜いたアイテムとなっています。“選手本人も私服で着たいTシャツ”をコンセプトに、選手らしさの詰まった商品となりました。

http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31995979/?did=55921086

男女どちらも着やすいシンプルなデザインになっています。私が買いたいのは成田高校出身の唐川投手。

「K19」がオシャレ。白と黒、どっちにしようか迷います!

f:id:abmngkr:20180625231006p:plain
http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31995986/?did=55921124&rid=1019

千葉ジェッツは飛行機のワンポイントが可愛い

千葉ジェッツコラボは、アイテムに「飛行機」のワンポイントが入ります。

千葉のプロバスケットボールチーム千葉ジェッツふなばしから、ZOZOTOWN×CHIBAオープンを記念し、完全別注のアパレルグッズが登場!
ジェッツの象徴でもあるジェット機のロゴを、普段使いできるようカジュアルなアイコンにデザインを落とし込んだラインアップ。
シンプルなデザインなので、老若男女問わずでご着用頂けます。
ジェッツのメインカラーである赤を意識した展開なので、ジェッツブースターの方はアリーナへの応援にも最適◎
ご家族やご友人でのお揃いコーデで、千葉ジェッツふなばしを応援しましょう!

http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31996324/?did=55923104

シンプルで爽やかなデザインに映える赤い飛行機マーク、可愛いですね。

f:id:abmngkr:20180625231510p:plain
http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31996324/?did=55923104

ジェッツの商品は女性が着ても可愛いですね。

赤色のTシャツもありますので、ジェッツの観戦時に着ていっても良いですね!

f:id:abmngkr:20180625231611p:plain
http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31991428/?did=55904814

千葉氏コラボはオフィスでもいけそうなポロシャツ

千葉氏コラボはポロシャツになります。ロゴには千葉氏の家紋などが入っております。

千葉市の礎を築いた千葉氏の歴史をより多くの人々に知っていただくために、市とZOZOTOWNは共同で千葉氏の家紋や千葉開府900年のロゴをデザインしたポロシャツを制作致しました。制作したポロシャツを相互に発信することで、2026年の千葉開府 900年に向けて機運を高め、千葉市の都市アイデンティティの確立を目指します。
また今回は特別に、千葉に拠点を構えるWEARISTAのプチプラのあやさんにもモデルのご協力を頂いております。

【デザイン】
胸元に千葉一族の三つの家紋の刺繍を施し、シンプルながらも上品な面持ちのデザインに。
仕事着・普段着とシーンを問わず、老若男女ご着用頂けるデザインのポロシャツです。
裾には「千葉開府・家紋・since1126・Road to 900」をデザインした、特別仕様のピスタグを施しました。

【素材】
ボディは肌側に吸汗性のポリエステル糸を使用し、外側は凸状で表面積が大きくした、吸収した汗を速やかに乾燥させる編地となっております。
また、職員の方々からご要望の多かった胸ポケット(11cm×12cm)を採用し、機能性も考慮致しました。

【千葉氏(ちばうじ)とは】
1126年、関東の武士団 千葉氏は、現在の千葉県庁の近くに本拠地を構えました。これが、千葉の町の始まり(「千葉開府」)と言われています。
千葉氏は、北天に輝く北極星や北斗七星を守護神として信仰し、星々に対して「心武く、正直」であることを自らに科して、星や月を表す家紋を掲げました。
それは一族の誇りと結束の証として、鎌倉幕府創立への功績などで全国に広がった領地の子孫たちへ伝わり、今に引き継がれています。

http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31620916/?did=55904769

シンプルなポロシャツはオフィスシーンにも使えそうですね。出勤時にサラッと千葉愛をアピールできます。良いですね。

千葉市役所の方も発売されたら仕事で着る方もいそうですね。クールビズですし、ぜひ着てほしいなと思います。

モデルには、なんと、千葉市の熊谷市長がアサインされていました。これには驚き。

f:id:abmngkr:20180625232315p:plain

http://zozo.jp/shop/zozochiba/goods/31620916/?did=55904769

ほかにはジェフ千葉のレジェンドマッチのウェアが復刻して販売されていたりします。

これはあれもこれも欲しくなりますね。かといって悩みすぎると売り切れてしまいますので、早めに決めていきたいと思います。

予約販売で、発送は8月の上旬になるとのこと。今年の残暑は千葉を身にまとって乗り切っていきたいですね!