千葉ロッテマリーンズと習志野高校吹奏楽部が夢のコラボ!伝説の瞬間に立ち会った!【プロ野球,野球応援】

ZOZOマリンスタジアムに来ました。

この日だけは特別です。なぜなら、「習志野市デー」の企画として、市立習志野高校の吹奏楽部がライトでスタンドで応援歌を演奏するからです!

この企画が発表されてから、ずっとずっと楽しみにしてきました。

野球応援で「日本一」の千葉ロッテマリーンズと市立習志野高校。この夢のようなコラボは常に鳥肌が出るくらい素晴らしく、本当に幸せのような時間でした。

今日はその神企画の模様をお伝えしたいと思います!

「美爆音」でお馴染みの習志野高校吹奏楽部

f:id:abmngkr:20180618222122j:plain

部員200名以上、全国のコンクールでも金賞の常連でもある習志野高校吹奏楽部。

高校野球部の応援にも「基本全員参加」で精力的に取り組んでいます。日本トップの吹奏楽部員200名の演奏はその音の大きさと美しさから「美爆音」と呼ばれています。

実際に習志野の攻撃中は隣の席と会話にならないほど、吹奏楽部の演奏が響き渡ります。

  • レッツゴー習志野
  • ベン・ハー
  • スパニッシュ・フィーバー
  • 気分しだいで責めないで
  • サウスポー
  • 夏祭り
  • 勇気100%

など、習志野応援の名曲を挙げたらキリがないです。(よかったらYoutubeで調べてみてください)

そんな習志野がこの日、プロ野球応援で日本一と言われるマリーンズとコラボして応援したのです!

試合前から習志野の演奏が響き渡る!!

試合前から習志野吹奏楽部の演奏がありました。吹奏楽部と一緒に、バトン部の皆様もグラウンドでパフォーマンス。

まずはバックスクリーン下から登場してのマーチング。この規模でのマーチングはすごすぎます。

曲目は

  • アラバマ
  • レッツゴー習志野
  • WE LOVE MARINES(マリーンズ球団歌)
  • キラッとサンバ

習志野におなじみの曲+マリーンズの球団歌の構成でした。習志野のWE LOVE MARINESは初めて聴きました。もうこの時点で泣きそうになりましたね。最高でした。

他には、国歌斉唱も、習志野吹奏楽部が演奏しました。

いつものマリーンズの応援が習志野の演奏で華やかに!

ライトスタンドに陣取る習志野吹奏楽部とバトン部。その存在感は圧倒的でした。

序盤は吹奏楽部の登場は控えめでしたが、いつものトランペットが習志野の吹奏楽部になるだけで重厚感がすごくなります。

そして演奏がキレイ!

ヒッティングテーマもいつもの「~前奏~〇〇ヒット!!」ですが、この日はうっとりするほど美しくなりました。この日習志野が試合中に演奏した曲目は

  • ヒットテーマ1,6
  • チャンステーマ3,5
  • 左打者ヒッティングテーマ
  • ヒッティングテーマ
  • 最強パシフィカン
  • レッツゴー習志野(福浦バージョン)

でした。どの曲も演奏は美しく、そしてマリーンズファンの声とマッチして最高の応援になっていました。

私の人生でも、これを超える応援に出会うことはないのかもしれません。

圧巻は福浦の打席での「レッツゴー習志野」

事前に「福浦の打席で何かが起こる...?」と言われていたこともあり、今日は習志野高校OBの福浦がスタメンでした。

福浦の打席では習志野高校応援歌「レッツゴー習志野」が演奏されました。「ならしのー」と叫ぶところで「ふくうらー」とロッテファンが叫んでいました。

その演奏と声援のすごいこと。

しかし、チャンスで福浦は三振に倒れるなど、この日は3打席2打数ノーヒットでした。残念!!

これは本人も相当悔しいと思いますが...この日は打ってほしかったよ!!

チャンスでモンキーターン!!

他にはチャンスで田村の打順で「チャンステーマ3」が演奏されました。

これは習志野も「モンキーターン」という曲名で応援歌に使用している曲です。板についた演奏がすごいすごい。

そしてロッテファンの声援もすごいすごい。球場がひっくり返るんじゃないかというくらいの応援でした。

しかし、この回は無得点に終わりました。

イニング間も吹奏楽部・バトン部が大活躍!

イニング間も習志野高校は大活躍。

3回の裏(4回かも)の攻撃前には吹奏楽部が「ベン・ハー」を演奏したり、7回のジェット風船が上がるタイミングで、バトン部のパフォーマンスもありました。

習志野を全開まで楽しめる1日。本当に最高でした...。

習志野高校は9時半でご帰宅

試合は1-1で延長戦へ。

習志野高校の生徒は9時半で帰宅されました。高校生だもんね、仕方ないです。

習志野高校の生徒が引き上げるときのマリーンズファンの盛大な拍手、そして応援団からの「フレフレ習志野コール」が印象的でした。

マリンスタジアム全体に習志野高校に対する「感謝」が溢れていました。

習志野高校ありがとうございました。機会があれば来年もよろしくお願いします!!

最高の応援とは裏腹に、試合内容は結構不満だった(笑)

試合は延長の末に1-4で負けました。

マリーンズが相手先発の平良から全然チャンスが作れず、攻撃が実に淡白なものとなりました。

そのせいで習志野のチャンステーマを聴く機会が少なかったですし、攻撃の時間が短かったので応援も短かったです。

福浦もノーヒットですし、パスボールの1点だけで延長の末に敗れる。まあまあヒドイ試合ではありました。笑

この企画は来年もやってほしいですし、その際にはバカスカ打って、聴き飽きるくらい習志野が応援してくれることを祈ってます!!