新橋「DRY-DOCK」で日本一のアサヒスーパードライを飲む!【新橋・ダイニングバー】

私はビールが好きで、特に国産の主要メーカー(アサヒ、サントリー、サッポロ)のビールが好きで、色々飲んだりしています。

先日、友人に「日本で一番美味しいスーパードライを出すお店がある」と紹介を受け、新橋にある「DRY-DOCK」というお店に行ってきました。

ここのスーパードライは本当に美味しかったですね!

普通のお店ではまず飲めないくらいのこだわりようと、飲みやすさでしたのでご紹介いたします!

お店の場所がわかりにくいので注意

初めてお店に行く人はちょっとわかりにくいので注意してください。

近くに行って「どこだろう~」ってなりました。

運が悪いと上の写真のような場所を通ったりしましたので、本当に気合を入れて探してください。

「スーパードライ」

お店の外観は以下のような感じです。

お店の看板に「日本一ウマイ!!スーパードライ」と書いているくらい、自信満々なんでしょう。

正確には「日本一ウマイ!!スーパードライを目指す~」ですが。

スーパードライに対するこだわりが半端ない

メニューの一番上はもちろん「アサヒスーパードライ」。

「誰もが知っているビールのはずですが・・・ぜひお試しを。」と書くくらい、自信たっぷりなのが伝わります。

グラス・冷却システムの設計から洗浄、樽の保冷、注ぎ方などを徹底!まずはこのスーパードライを!
同じスーパードライでも、注ぎ方や取扱い方で味わいがまったく変わります。ドライドックでは、樽詰ビールの保存方法から、使用するディスペンサーやタップも専用設計。ビール回路および器具類の徹底洗浄や専用グラスの採用。こうした細かな管理はビールの味わいに大きく影響します。ぜひドライドックでその違いをご体験ください。

メニュー表には「お約束」としてビールに対するこだわりが記載されています。

全部で6点。このこだわりようは期待できます。

他にはフードメニューもあります。

チキンバスケットが有名とのことで、今回はそれをツマミにビールを味わうことにしました。

日本一のスーパードライを味わう!!

お通しはプレッツェルです。

まずはこちらのチキンバスケット。

980円ですが、チキンは大きくポテトも山盛りで、かなりボリューミーでした。

チキンが柔らかくて美味しかったです。ビールのツマミに最高です!

そしてビールです。

まず目につくのはグラスの中の美しさと、泡のキメ細やかさです。

キメ細やかな泡はビールの美味しさを閉じ込めるので、泡の質はビールの味に対してとても重要なのです。

飲んでみると、やはり美味しい。

余計な苦味や雑味は一切なく、スーパードライ本来の美味しさを全力で味わうことができます。

スーパードライ自体、クリアでキレを重視するビールですのでこれだけ雑味なくスッキリと飲めるのは最高ですね。

泡もクリーミーで飲み心地が最高です。

飲んだ跡あとにグラスに輪っかの跡ができるのですが、これはグラスがキレイでビールが新鮮な証です。

さらに、グラスも冷えており、飲み口が薄いので飲みやすいです。

完璧なビールでした。美味しかった!

1杯670円は高いですが、これは一度は飲んでほしいです!

美味しいビールの条件とは?

そもそも、美味しいビールの条件とは一般に

  • ビールの鮮度
  • グラスの清潔さ(布で拭くのはNG)
  • ビールサーバーの清潔さ
  • 注ぎ方

上記4点といわれているのですが、このDRY-DOCKは余裕でクリアしているでしょうね。

ここまで完璧なビールを工場以外で味わうのはなかなかできないと思いますので1回行ってほしいです!

「新橋DRY-ROCK」店舗情報

・住所:東京都港区新橋3-25-10 JR高架下

・アクセス:JR新橋駅烏森口 徒歩3分

・月~金営業時間:17時00分~24時00分

・土曜日営業時間:16時00分~22時00分

・定休日:日曜、祝日、第3土曜日