東京競馬場のクラフトビール「東京グリーンエール」を飲みました!【競馬場グルメ】

NHKマイルカップの日に「東京競馬場」にやって来ました。

この日はゴールデンウィークの最終日ということもあり、かなり空いておりました。

好天にも恵まれ、絶好の競馬日和です。

今日はそんな東京競馬場で、もちろん競馬はしたのですが、ここにしかない「クラフトビール」を買って飲んだので、紹介したいと思います!

内馬場で「メガグルメフェスティバル」が開催!

東京競馬場の内馬場。

ここはレースが行われているトラックの内側ですね。

遊具が置いてあったり、ヒーローショーが行われていたりと、ファミリー向けのコンテンツが多めとなっています。

その東京競馬場の内馬場で毎回開催されているのが「メガグルメフェスティバル」。

週ごとに様々なテーマでグルメフェスティバルが行われています。

よく日比谷公園や駒沢公園なんかで行われているものの、小規模版みたいなものですね。

毎回競馬場に行くと色んなグルメが味わえるというのは良いですね。

飲食スペースも広くて、机椅子がたくさんあります!

ちなみにこの日は「旨カラフェス」と称して、たくさんの唐揚げ屋さんが出店しておりました。

東京競馬場のクラフトビール「東京グリーンエール」を飲む!

そんなグルメの屋台が立ち並ぶ中に「東京グリーンエール」のお店があります。

東京競馬場限定のクラフトビールです。「春ver.」と「秋ver.」があります。

「グリーンエール」という名前は競馬場の芝生から来ているのでしょう。

醸造しているのは「常陸野ネストビール」を出している木内酒造というところ。

1杯600円はクラフトビールとしては妥当な印象です。

カップになみなみと注いでくれました。

さて、味の方ですが、クラフトビールのよくある苦味の中に、柑橘系のスッキリとした香りを感じることができました。

クラフトビールの中では飲みやすさを重視している方だで、ターゲットは広く捉えられている印象です。

しかし、競馬場で飲むビールはカクベツですね!

天気も良く、暖かい陽気の中でビールを飲むと、競馬の結果なんてどうでも良いくらいの幸福感に包まれます。

「競馬をやったことがない」という方にも、競馬場はオススメです。

走る馬の躍動感や迫力、愛嬌などを感じれるだけでなく、こういう「飲食」でも楽しむこともできます。

入場料も200円とお安いので、「今週末に行くとこがない...」という方はぜひ東京競馬場へ行ってみてください。

きっと楽しいと思いますよ!