千葉ジェッツ観戦する際の「千葉ポートアリーナの飲食事情」をまとめました【持ち込み,売り子】

先日、生まれて初めてBリーグの試合を観ました。

千葉ポートアリーナで、19時5分からのゲーム。

仕事終わってそのまま行きましたので、当然お腹が空きます。

試合を観ながら食べたり、お酒を飲みたいのですが、Bリーグの飲食事情ってどうなってるんだろう...と思ったのですが調べても意外と出てこなかった。

なので今回、私が初心者目線で「千葉ポートアリーナでのBリーグ観戦時の飲食事情」をまとめてみたいと思います。

船橋アリーナはまた異なると思いますが、良かったら参考にしてみてください!

千葉ポートアリーナは飲食物の持ち込みOK!

千葉ポートアリーナは飲食物の持ち込みがOKでした。

缶ビールも持ち込んでいきましたが、問題なし。

一応手荷物検査がありましたが、そこまでちゃんと見られもしませんでした。(笑)

ですので、中に売店はありますが安く済ませたい場合は外のコンビニ・スーパーで買って持ち込むと良いと思います!

会場内には売店もある。ビールは1杯500円

唐揚げやソーセージなども販売されておりました。

ビールは1杯500円。

値段は野球場ほど高くなく、割と買いやすい値段だと思います。

試合前は結構並んでおり、お店によっては売り切れているところもありました。

1階席のみビールの売り子がいる(サッポロ)

1階席のみビールの売り子さんもいました。

サッポロビールのみで、2階席には来ません。

1階席の方は試合中にぜひご利用ください。2階席にもいたら私も買ってたな...。

千葉みなと駅にスーパー「マルエツ」がある

まずはスーパーマーケットです。

千葉みなと駅の改札目の前に「マルエツ」があります。

ここでお酒や氷、お惣菜やお弁当、パンなどひととおり買うことができます。

保冷バッグも販売されていましたので、飲み物を冷たい状態でキープすることもできます。

千葉ポートアリーナの目の前にローソンがある

なんと、千葉ポートアリーナの目の前にローソンがあります。

これにはびっくり。マルエツで冷めた唐揚げを買う必要がなかった...

小さいお店でおにぎりなどは売り切れていましたが、基本的にここで冷たいビールと揚げ物を買うとよいと思います。

目の前にあるという破壊力はすさまじく、ハーフタイムの間に1回外に出てビールを買うことができます。

注いでもらう生ビールも美味しいですが、安く済ませたいという方は目の前のローソンで調達するとよいと思います!