素人が千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースを観戦したら楽しすぎた【Bリーグ】

プロバスケットボール「Bリーグ」の観戦のために千葉ポートアリーナにやって来ました。

千葉市出身の私としては成人式以来。

千葉ポートアリーナにまた来る日が来るとは夢にも思っていませんでした。

リーグ戦の終盤、千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースの試合を観てきました。

「バスケットカウント」も知らない初心者が行っても超楽しかったので、ご紹介いたします!

この日の来場者数は6000人!お客さんの熱気がすごい!

試合開始1時間前くらいに着いたのですが、自由席は徐々に埋まり始めていました。

前の方の席はほとんど埋まっており、「こんなに人気なのか」と驚きました。

試合開始後には自由席は超満員。

私は運よく1つだけ空いている前の方の席を確保。隣に座った夫婦の方は朝から並んでいたそうです。

立ち見も出るほどで、来場者数は6000人を超えたそう。すごい...。

「今日勝てば地区優勝」ということもありましたが、ものすごい集客力でした。

6000人は今年のBリーグナンバーワン、かつ平日の来場者数では歴代1位とのこと。

すごい試合に立ち会えることが出来ました。

試合前の演出がすごい!

最初の注目ポイントは「試合前の演出」。

野球やサッカーとは比にならない、ド派手な演出に驚きました。

暗くなった会場に証明、プロジェクター、スモーク...。

あらゆる機材を使ったド派手な演出に、試合前からテンションは最高潮にブチ上がりました!

試合前にチアリーダーによる応援練習もありました。

初心者にもフレンドリーです。

ジェッツのブースター(ファン・サポーターのこと)は、パンフレットのページを開いて掲げ、応援します。

バスケの応援はわかりやすくて良いですね。野球は複雑だから....。

始球式のようなものもありました。

外しても近くにいる選手がそのまま決めてくれるのが良いですね。

バスケ選手のパワーとスピードに興奮!

ド派手なオープニングセレモニーを終え、試合が始まりました。

試合を観てて思うのは選手のパワーとスピードです。

外国人選手など、身長が2メーターあり、かつ観客席とコートの距離が近いので本当に“デカい”です。

それが猛烈なスピードで動き、身体をぶつけ合いながらボールを奪い合うのですから、すごい迫力です。

これだけでもお金を払って観る価値があると思います。

会場の設備を使って応援する「圧倒的ホーム感」

千葉ジェッツのホームの試合は会場のモニター・アナウンス等を使って応援します。

会場が一体となるので「圧倒的にホーム」の雰囲気です。

逆に川崎からすると「圧倒的アウエー」で「これはすごいな」と思いました。

攻撃中には会場のモニターや声援が「GO!JETS!!」となります。

一方で守備になるとモニターも声援もすぐに「DEFENSE」に切り替わります。

上の写真と見比べると違いが分かると思います。

この攻撃・守備の切り替えの速さがバスケの魅力なのですね。

スピード感あふれるゲーム展開は観てて気持ちが良いです。

試合は負けたけど、超楽しかった!

残念ながら千葉ジェッツは川崎に敗れてしまいましたが、初めてのBリーグ観戦はとても楽しかったです。

選手のパワーやスピード。1分で試合がガラッと変わってしまうようなスピード感。会場が一体となって千葉を応援する。

バスケというスポーツの魅力やジェッツの面白さを十分に感じることが出来ました!

こんなに楽しいとは思っていませんでした。良い意味で期待を裏切られました。

正直、興行としてはまだまだ課題はたくさんあると思います。

しかし、そこも「伸びしろ」と捉えて楽しみにしていきたいと思います。

また行こうと、心に誓ったのでした。