素人が箱根ランフェスの富士ビューランに挑戦したら地獄過ぎた【ハーフマラソン】

箱根、芦ノ湖。

お正月の箱根駅伝で有名なこの地でハーフマラソンに挑んできました。

私が初めてハーフマラソン挑んだ「千葉マリンマラソン」とは異なり、高低差の激しい山道。

不安たっぷりの中で挑んだその模様をお伝えします! 

箱根を舞台にしたランニングフェス!

f:id:abmngkr:20180425210928p:plain

【公式】箱根ランフェス|箱根で2018年4月に開催されるランニング・アウトドア・フェス複合型スポーツフェス

富士山を望む箱根の雄大な自然を舞台にした大会「箱根ランフェス」は、
ランニング・アウトドア・フェスが融合した最新の複合的なエンターテイメントスポーツフェスティバルです。

ランニングだけでなく、フードやお酒なども充実している「フェス」のようなイベントでした。

拠点となった「箱根キャンプ場」には地元店がたくさん出店してました!これだけでも楽しい!

ハーフマラソンは過酷なコース設定

f:id:abmngkr:20180425212134j:plain

 

今回挑戦した「富士ビューラン」は芦ノ湖の隣りにある有料道路「芦ノ湖スカイライン」を走ります。

富士山が見えて、非常に景色の良いコースなのですが、とにかく高低差がキツイ。

f:id:abmngkr:20180425212039j:plain

絶景の芦ノ湖スカイラインをランナーが駆け抜ける箱根ランフェスのメインコンテンツです。箱根湖畔ゴルフ場付近をスタートし、芦ノ湖スカイライン南側出入口付近を折り返す全長21㎞のハーフマラソン。スタートから一気に270mを上るなど、アップダウンの激しいハードな挑戦し甲斐のあるコースです。

最初の3キロで270メートルを上る鬼コースです。

そのあともアップダウンを繰り返し、平地がほとんどなかったです。

前回挑戦した千葉マリンマラソンの高低差は最高で10メートル。

f:id:abmngkr:20180425213021p:plain

マリンマラソン最後の「美浜大橋」がキツかった記憶があるのですが、箱根ランフェスに比べたら全然ですね。

絶望的な高低差にビビりながら、当日を迎えることになりました。

最初の上り坂が永遠に感じた

スタート地点が既に上り坂となっており、地獄の予感しかしませんでした。

スタートの号砲が鳴り、走り出しますがひたすら上り坂。

3キロほどの距離だと思いますが、高低差300メートルにひたすら苦戦。

走るスピードも当然遅く、3キロの坂が無限に続くように感じました。

上りきった時点で10キロ走りきったような疲労感。

これから15キロ以上、坂道を走ると思うとココロが折れそうになりました。

前半:あっちの山に道があるーと思ったら、先のコースだった

富士山や芦ノ湖が見えるコースのは本当に景色が綺麗でした。

空気も澄んでいて、走っていて気持ちの良い空間でした。高低差がなければ。

何にビックリしたかというと、向こう側に見える山にある道を、人が走っていたのです。

先が見える絶望。

「あそこまで走るのか」「あそこの上り坂もヤベエな」

そう思いながら、足を進めていきました。

ちなみに、往路の途中で1位の人とすれ違いましたが、異次元の速さでした。意味わからん。

給水所にはポカリとうどんとまんじゅうと

給水所は割と細かく設置されておりました。公認レースじゃないメリットですよね。

ある給水所にはうどんやまんじゅうなどのフードもありました。

今でも信じられないのですが、私は往復でうどんを食べました。笑

美味しかったです。

後半:前半に下った上り坂でココロが折れる

芦ノ湖スカイラインを端から端まで走りきり、折り返し地点を迎えました。

なんとか、なんとかです。

体力・気力は既にしんどいところまで来ていました。

復路がスタートし芦ノ湖スカイラインに入った直後、やって来たのは「さっき下った上り坂」。

コースが往復なので、下った坂道は後で上ることになるのです...。

復路で100メートル以上、上らないといけないという事実。

これには流石にココロが折れ、足が止まってしまいました。

往路は1回も歩かなかったのですが、復路では歩いてしまいました...。

いやー、もう足が上がらなかったですね。

体力は大丈夫なのですが、足の力とそれを支える気力がもうダメでした。

往路は1キロ5分半~7分のペースで来ましたが、復路歩いたエリアは1キロ9分台。

「走り続けること」の偉大さを感じました。

このコースを走り切る人はスゲエ...。

ラストの下り坂は全力疾走!

三国峠を越えたら、残り4キロはほとんど下り坂でした。

その前で歩いた後悔の念も含みつつ、全力で走りました。

最後は1キロ5分前後で走り、前の人達をごぼう抜きにしました!

まだ体力残ってたんだな、自分。と思いながらも、息を吹き返した走りには手応えを感じていました。

芦ノ湖スカイラインの最終地点も颯爽と駆け抜け、残りのゴール地点まではあと僅かでした。

ゴール直前の小さな坂が関門になる

ゴールまで後少し。

しかし、ゴール地点のすぐそばにある「ちょっとした上り坂」が超しんどかったです。

パット見、坂になってるのもわからないくらいなのです。

そのくらいの坂ですらキツかった。体力も限界に近かったのでしょう。

無事にゴール!

なんとかゴールをしました!

ゴール前では和太鼓の演奏がなされており、テンションが上りました。

記録証をすぐに印刷することができました。

タイムは2時間15分。

千葉マリンマラソンのときより、ネットタイムで15分以上遅くなりましたね。

とはいえ、事前には「2時間40分になるかなあ」とか「もしかしたらタイムアップも有り得るかなあ」とか思っていたので、結果には満足です。

よく頑張った、自分!

ゴールの裏では名物の「黒たまご」を配っていました。

塩をたっぷりかけて食べるのが美味しかったです...!

あとはブースで売っていたカツサンドも買って食べました。

疲れた身体にカツが染み渡りました。うめえ...。

あとはビールも飲みたかったのですが、運転があったためにパスしました。

飲みたかったー!

駐車場の予約必須!箱根宿泊とセットで挑むのがオススメ!!

今回の箱根ランフェス、コースはキツかったですが、エンタメ感の強い楽しい大会でございました。

ほぼほぼ車でしか行けないというのが難ですが、早起きさえすれば9時スタートに割と余裕で行ける感じがしました。

ただ、駐車場が事前予約必要ですので、絶対に忘れないようにしてください。

あとは宿泊したほうが良いと思います。

ランの後に箱根から来るまで帰るのはしんどいので、そのまま泊まりに行くのがおすすめです!

春のマラソンはこれで終わりかなと思います。

秋以降のレースに向けて、しっかりトレーニングを重ねたいと思います!