【本部町・ランチ】沖縄そば「島豚家」と「きしもと食堂」を食べ比べる!

本部町は海がキレイで本当に最高でした。

そんな本部町を離れる前に、沖縄そばを食べてきました!

今回は初のはしご。

評判がよく、近くにある「島豚家」と「きしもと食堂」に行ってきました。

どちらも非常に美味しかったので、ご紹介いたします!

三枚肉が度肝を抜く大きさの「島豚家」

本部町は沖縄そばの街としても有名で、「もとぶそば街道」と呼ばれる、沖縄そばのお店が集まっている通りがあります。

その中でも食べログの評価が高かった「島豚家」に、まずは行きました!

11時の開店で突撃。平日ということもあり、ガラガラ

店内はかなり広いです。

大きなテーブルもあり、割と大人数で行っても大丈夫な感じです。

はしごすることもあって、今回は「特製炙り島豚そば全部入り(小)」を頼みました。

(小)で980円だったので、かなり高い部類だと思います。

正直、「高いなあ...」と思っていました。

しかし、現物をこの目で見たらその考えはひっくり返りました。

見てください、このインパクト!

炙った三枚肉がドーンと乗っています!!

あとは味玉や厚揚げなどです。具もボリュームたっぷり!

まずはスープを飲んでびっくり。

カツオ出汁が濃厚!!

鼻や口の中にカツオの香りが全力で広がり、それでいてしつこさもありません。

カツオがベースなので、濃厚な中にもさっぱりさを感じるからでしょう。

いやぁ、これはすごいです。

麺も沖縄そばではコシのある方で、私はとても好きです。

ボソボソとしたそばよりも、こういうコシがある方が私は好きだなあ。

そして三枚肉!

香りをかいだだけで満足するほどの、香ばしい香り。

そして、口に入れるとすぐにとろけるほどの柔らかさ。

かなり大きい肉でしたが、アッサリ食べきってしまいました。

自分でもびっくりするほど、お肉も食べやすかったです!

こんだけ豚肉が美味しいお店だったら「ジューシー」も頼めばよかったかなーと思います。

島豚家、大満足でした!また来ます!

「島豚家」店舗情報

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字東500-4
  • 営業時間:11時00分~15時30分
  • 定休日:木曜日・日曜日・祝日

三度目の「きしもと食堂」はシンプルにして至高

島豚家で満足したままに、きしもと食堂へ行きました。八重岳店です。

空が青くてキレイです。

ここはもう何回も行っています。

もう言葉はいりません。

今回も「岸本そば」と「じゅーしー」をいただきました。

カツオの香りがするスープに、コシのあるソバ。

何度でもリピートしちゃう、安定の美味しさでした!

ここの「ジューシー」は本当に美味しいんですよね~。

きしもと食堂、今回も美味しかったです。

どうせまた来るでしょうし、今回はサラッとまとめました。

「きしもと食堂 八重岳店」店舗情報

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字伊野波350-1
  • 営業時間:11時00分~19時00分
  • 定休日:なし!

食べ比べると特徴が相対化される

こうやって短時間の間に食べ比べると、それぞれのお店の特徴がわかるなって思いましたね。

島豚家はスープも濃厚で、三枚肉もインパクトがあって「ガツン!」というイメージ。

ガッツリ食べたいときに向いているなと思います。

きしもと食堂はシンプルで、麺もストレート。

食べやすさを追求していて、万人が好みそうな感じ。

食べ比べると、その違いがわかるなあと思います。

どちらのお店も、サイズを小にすれば2つは全然いけましたので、食べ比べ超オススメです!