【京都・カフェ】京都駅「中村藤吉」の「まるとパフェ」は抹茶ゼリーが濃厚で美味しい!

「京都に来たら、美味しい抹茶スイーツが食べたい!」

以前、京都旅行に行った際に抹茶の名店である「中村藤吉」の京都駅店に行ってきました。

そこで食べた抹茶パフェ「まるとパフェ」がとっても美味しかったので、ご紹介いたします。

「男シングル」で中村藤吉の行列に挑戦!

日本を代表する観光地、京都。

もちろん、ひとり旅の方も多く、私のその中の1人でございました。

京都の抹茶どころで有名な「中村藤吉」。

そこにはモチロン、1人旅ついでに抹茶を味わいに来る方(男性)もいるかなと思っておりました。

それがですよ、それが...

全くいない...

中村藤吉に到着すると前評判通りの大行列。

そして、女性率が圧倒的に高いです。そりゃそうか。

男性もいるっちゃいるのですが、夫婦、カップルなど。

男性だけの客もいないですし、もちろん、男性一人客なんて皆無でございました。

椅子に並びつつ、ひたすら並んでいました。

時刻は夜の8時45分というのに、こんなにも並ぶものなのかと。

「男ひとり」に店員も若干苦笑いを食らう。

行列にならんでいると、店員が前から声をかけていっていました。

「何を言ってるんだろう...?」と思っていると、私の方にも店員が。

「何名様でしょうか?」と聞かれ、「ひ、ひとりです...(けど何か?)」と答えるぼく。「あ、はい...。」と若干苦笑いの店員。若干の苦笑い。

やっぱ男ひとりはいないんですね。

店員から「ラストオーダーに間に合わない可能性が...」という注意を受ける私。

もし食べられなかったらこれまでの時間が無駄になるわけですね。

すごく心臓が痛くなりますので、19時半までには行った方が良いかと思います。

列も進み、入店すると店員が「お客様、お一人様の席をあちらに用意致しましたので、どうぞ」といわれると、ふつうに2人掛けのテーブル席でした。ごめんなさい、次回は彼女とか連れて来ますんで。ほんとごめんなさい。

芸術的なビジュアルをしている「まるとパフェ」

名物の「まるとパフェ」を注文しました。茶そばも食べようと思ったのですが、油そばを食べたばかりなので、遠慮しておきました。

いただいたお茶を飲みながら「まるとパフェ」を待っています。

このお茶が死ぬほど美味しかったです。しかもおかわり自由です。最強。

そして「まるとパフェ」が到着。

このフォルムです!美しい!

上に「まると」のマークがあったりと、こだわりが半端ないです!

そして横から見るとこんな感じ。理科で習った地層のように綺麗に分かれています!

ボーリング調査の対象ですね。

お味の方ですが、まずは「抹茶ゼリー」がすごく濃厚です。

水っぽさも少なく、「濃い抹茶を食べている」感覚がします。

抹茶ゼリーだけでもメニューになっているだけあって、すごく美味しいです。

こんなに濃厚で美味しい抹茶ゼリーは初めて食べました。生クリームとのバランスが最高です。

また、横から見てもわかる通り、クリームやあんこ、シリアル(?)などがそれぞれ違う食感で食べてて楽しいです。甘さもそれぞれですが、甘すぎる感じもないのもグッドです!

甘すぎないので、スイスイ完食できました。

2個目もいけるくらいです。

次行った時は茶そばにしようかな~!でも、男ひとりでまた並ぶのは厳しいな~~(笑) ということで次回は京都美人を捕まえていきたいと思います。

ごちそうさまでした、きょうはこのへんで。

「中村藤吉」店舗情報

  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内75-14 松島玉手箱館 1F
  • アクセス:松島海岸駅から徒歩約4分
  • 営業時間(月~木):10時00分~18時00分
  • 営業時間(金~日):9時00分~18時00分