あべカジ!

アメカジじゃないよ

【ランニング】HUAWEIスマホに入っているアプリ「ヘルス」がランニングにイケてる

どうも、こんにちは!

以前ハーフマラソンを走って以来、ランニングの魅力にハマった私。

実は千葉マリンマラソン以降、3週間ほど足の痛みで静養しておりました。

3週間の休養を以てランニングに復帰しましたので、ランニングの記事を書きたいと思います。

HUAWEIのスマホアプリ「ヘルス」がイケてる

私はスマホは「HUAWEI Nova Lite」を使用しております。

「ファーウェイ」と読みます。

これは私は2万円しないくらいで購入し、かなりスペックも良く大満足しております。

カメラの性能も良くバッテリーも長持ちします。

今でも非常に良い買い物であったなと思っています。

そんなHUAWEIのスマホには「ヘルス」というアプリがありまして、毎日の歩数や歩行距離、消費カロリーを測ることができます。

今回はこのアプリがランニングをするに「必要十分」な機能となっていおりますので、紹介したいと思います。

ランニングをきちんと記録できる

まずは基本的な機能。

日付と距離・走行時間で毎日のランニングを記録することができます。

ランナーが気にする「月間走行距離」もこのアプリできちんと測ることが出来ます。

加えて各回のランニングの詳細な記録も見ることが出来ます。

以下は千葉マリンマラソンの時の記録です。

すごいカロリーを消費しましたね。

Googlemapを使っているので地図のズームも出来ます。

距離も表すことが出来るのも良いですね。

他には1キロごとのペースも表示することができます。

今回はスタートを除き、ほぼ一定のペースで走ることができました。

1分間の歩数もわかります。

ざっくり、給水所と折り返し地点で少なくなっている印象です。

最後に概要はこんな感じ。歩幅まで出してくれます。

というか、千葉マリンマラソンは10キロ以上で走ってたのか。我ながらエライ...。

ランニング中も音声でサポートしてくれる

このアプリのイケてるところは、ランニング中の音声です。

1キロごとに

  • 通過距離
  • ここまでのタイム
  • 直近1キロのタイム

を読み上げてくれるので、自分のペースがどんな感じなのかを測ることが出来ます。

一回一回スマホなどの画面を見ずにできることが出来るのが良いですね。

ペースを落とすことなくペースを確認できます。

「HUAWEI Band 2 pro」と広がる可能性

また、私はまだ買っていないのですが、「HUAWEI Band 2 pro」という腕時計型の端末と連携することもできます。

これにより、スマホを持たなくてもランニングの計測ができるようになるほか、心拍数や睡眠の状態などを測ることが出来ます。

f:id:abmngkr:20180208214602p:plain

睡眠を測れるの良いですね...!

今すぐにというわけではないですが、HUAWEIのスマホ使いの私としてはこれは「買い」でしょうね。

買ったら感想などもレビューしたいと思います。

今回はHuaweiの「ヘルス」というアプリを紹介しました。

ランニング用としては必要十分。デフォのアプリとしてはなかなかの出来でしたので、みなさんもぜひ使ってみてください。

それでは今日はこのへんで!