横浜・元町のカフェ「しょうゆ・きゃふぇ」の生プリンは見た目も味も絶品!

どうも、こんにちは。

今回も横浜です。前々回の記事(前回は競馬だったので)に引き続き、横浜に行って美味しかったものを紹介したいと思います。前回はうどんでしたね。

横浜元町・中華街/石川町の「かばのおうどん」で一杯 - HOLYDAYS!

今回は元町・中華街から丘の上。元町公園・エリスマン邸にある「しょうゆ・きゃふぇ」というお店です。

こちらの「生プリン」を食べに来ました。

エリスマン邸の中にカフェがあります

元町・中華街から坂を上がったところに山手西洋館・外国人墓地といったエリアがあります。

中はもちろん観光地で、西洋館の雰囲気を感じることが出来ますが、その中にカフェがあります。

名前は「しょうゆ・きゃふぇ」。プリンが有名なお店です。

座席の前には窓越しに元町公園の緑。見てて癒やされますね。

こちらがメニュー。オススメは生プリンとのことです。

こちらが生プリンです。

卵黄が見えるプリンは初めてです。どんな味がするんでしょうか、ドキドキしますね。

卵黄は押し出す!至福の生プリンを賞味!

注文からすぐに到着。木のお盆がカワイイですね。

プリンは白いボディをしています。バニラビーンズが目立つ感じですね。これだけでも美味しそうです。

カラメルと卵黄は別に配膳されています。

卵黄は右側のニワトリの容器に入っております。カワイイ演出ですね。

容器の下には穴が空いており、

このように押し出すと

卵黄が出てくるのです。これが気持ち良い!

卵黄が乗ったプリン。目玉焼きのようなフォルムですね。(笑)

これくらいじゃ全然崩れなさそうなあたり、卵黄のハリの強さを感じます。ゴハンにかけても美味しそう...(笑)

カラメルをかけていただきます。

プリンは舌触りがなめらか、卵黄と一緒に食べたときのまろやかさ・コクは絶品ですね。濃厚です。

カラメルと混ぜ合わせて食べると、なお絶品ですね。

卵の味もしつつクリーミーで濃厚なプリン。これだけのものを味わえるのは貴重ですね。

緑に囲まれながら美味しいプリンを食べられる、ステキなカフェでした。

私が行った1時頃は20分ほど待っての入店でしたが、私が店を出る午後2時過ぎ頃には大行列になっておりました。

おそらく1時間は待つんじゃないかな~といった具合ですので、お時間にはご注意くださいませ。

しかし、待つ価値はあると思いますので、ぜひ行ってみてください。

それでは今日はこのへんで!

関連ランキング:カフェ | 元町・中華街駅石川町駅