横浜元町・中華街/石川町の「かばのおうどん」で一杯

どうも、こんにちは。

先週は横浜に行ってまいりました。今日から3回、4回ですかね。横浜のお店などを紹介していきたいと思います。

まずは、元町・中華街駅もしくは石川町駅の近くにある「かばのおうどん」という、うどん屋さんに行ってまいりました。

多彩なメニューを持つ「横浜うどん」

横浜・石川町駅の近くにあります。高速道路下の交差点近くです。

かわいいかばの看板とのれんが迎えてくれます。「家かば」とは。

お店の壁面めっちゃオシャレ...

店内はカウンターもテーブルもあります。

日曜日の12時半ごろに訪問しましたが、並ばずに入店できました。

「かばのおうどん」という名前をしつつ、店内にはなぜか洋書があります。

割り箸のカバーが「しおり」になるそうです。こだわってるなあ、とりあえず財布に入れて持ち帰りました。(笑)

メニューが豊富なのがここのお店の魅力だと思います。

かけうどんの650円から、安くはないですがメニューを選べばそこまで高くもなりません。

天ぷらも天丼もあります。

天ぷらの種類も豊富でお蕎麦屋さんのようですね。これだけあると昼飲みも捗りそうです。

今回は「肉汁おうどん」にしました。人気ナンバー2で、900円。それに「半熟卵かば天」をつけました。こちらが180円ですね。合わせて1080円です。

うどんは1.5玉に増量。無料で2玉まで増量できるのはありがたい限りです。

豚肉が厚切り!の「肉汁おうどん」をいただく!

さて、うどんが到着しました。

つけ汁の濃そうな色合いが良いですね。食欲をそそります。

うどんはしっかりと角がある形。

太麺でコシのある麺。私は好きなタイプです。喉越しも悪くありません。

太い麺がこの濃いめのつけ汁に合います。

つけ汁にはネギ・油揚げ・豚肉が入っています。それぞれの食材の出汁が出ており、美味しいつけ汁となっています。

中でも注目は厚切りの豚バラ肉です。角煮と表現するのが正しいと思います。

つけ汁の味を吸った角煮も、これだけで美味しく味わえます。

1.5玉のうどんでしたが、最初は多いかな?と思いましたが食べてみるとあっという間に食べ終わってしまいました。

この角煮はいいですね。つけ汁単体でも楽しませてくれました。

横浜に行ったら中華街でしょ!と思う方も多いかと思いますが、たまにはうどんを食べるのも良さそうです。

それでは今日はこのへんで終わります。横浜編は続きます。

関連ランキング:うどん | 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅