西国分寺駅のカフェ「クルミドコーヒー」のアイスココアとクルミドアイス

こんにちは。

半年ぶりに、中央線・西国分寺駅近くにあるカフェ「クルミドコーヒー」に行ってきました。

クルミドコーヒー初体験の時のブログは以下になりますので、この記事の前によかったら読んでみてください。

西国分寺のカフェ「クルミドコーヒー」に行ってきました - HOLYDAYS!

相変わらず超オシャレなお店です

内装に関しては以前もコメントしましたが、相変わらずオシャレです。

今回は祝日・月曜日の16時ごろに訪問し、1時間弱待ちました。その人気さには驚かされますね。

今回は2階の席に行きました。前回訪問時は地下の座席でしたので、また違った内装を楽しむことができました。

「子どものための空間」は健在です。

これは子ども用の机で、小さくなっています。子どもに対する配慮に感心いたします。

店内のいたるところに本棚があるのもクルミドコーヒーらしさですね。

余談ですが、クルミドコーヒーのオーナーの影山氏も本を出しております。とても面白かったので、ぜひご一読くださいませ。

案内された2階窓際のお席には、人形が置いてありました。

アイスコーヒーとクルミドコーヒーを注文!

メニューも相変わらずいい味を出しています。

サイズの紹介の「小さかったキミに。」というのは洒落ていますね。普通なら「Lサイズ」とか表記されるものを、上手くお店の雰囲気に合わせています。 

今回は「アイスココア」と「クルミドアイス」を注文しました。

アイスは2種類選べましたので、モンブランと紫いもを選びました。実に秋らしい。

「アイスココア」も「クルミドアイス」も工夫いっぱい!

注文した商品が到着するまでは、クルミを食べて時間を潰していきます。

クルミドコーヒーのテーブルの上には、クルミが置いてあり、無料でおひとつ食べることができます。

クルミは、この機械を使って殻を破ります。上面か底面から割ると、綺麗に食べられるそうです。 

1杯で2度美味しい「アイスココア」

さて、商品が到着しました。

まずは「アイスココア」です。アイスココアは780円になります。

アイスココアの上にはたっぷりのクリームが乗っています。ココア自体は甘さが抑えられておりますので、クリームと混ぜて甘みを楽しむという感じです。

疲れた心身に、ココアのほろ苦さとクリームの甘さが染み渡ります。調整ココアとは違った、優しい甘さです。

驚くべきポイントは、小さい器に入ったコーヒーが添えられていることです。

店員さん曰く、「注ぐとカフェモカとして楽しむこともできます」ということです。

かけて飲むとココアにコーヒーの香りと苦さが加わり、味が引き締まる感じです。「1杯で2度楽しい」とはこういうことですね。こういった工夫がなされている点に、クルミドコーヒーの魅力を感じます。

「クルミドアイス」はアイス・ケーキ・クルミの3重奏

「クルミドアイス」も来ました。クルミドアイスは500円になります。

パンケーキと2種類のアイスが非常に可愛く盛り付けられております。

紫いも・モンブラン、2種類のアイスはどちらもほんのり甘くて美味しいです。どちらも、お芋・栗の甘さを感じることができます。

ケーキも甘くて、外側がほんのりサクサクしておりこちらも美味しい。アイスと一緒に食べると美味しさ倍増です。さらに、クルミの食感がアイス・ケーキとマッチしており、一緒に食べることで良いアクセントになります。

まさにアイス・ケーキ・クルミの3重奏です。非常に良いマッチングでした。

また来たいお店です

お会計には以下の木の置物を使います。

今回2回目の訪問でしたが、3度目、4度目も来たくなる素晴らしいお店です。

朝から行って2時間読書する、というような使い方も今度してみたいと思います。また、影山氏によるもうひとつのお店「胡桃堂喫茶店」にも足を運びたいと思います。

本日はこの辺で。また次回お会いしましょう。