学芸大学「麺処 びぎ屋」の醤油らーめんは原点にして頂点

こんにちは。

今日は学芸大学にあるラーメン屋「麺処 びぎ屋」に行ってきました。学芸大学のラーメンは「麺や すする」以来になりますね。

学芸大学駅から徒歩5分。日曜日の夜7時頃、並ばずに入店できました。

「ミシュラン東京2015」に掲載されたらしい

ミシュランガイドにラーメン屋って掲載されているんですね。それがビックリです。

そして、この「びぎ屋」も掲載されていたんですね。ダブルでビックリです。たぶん上の写真のドアの中央に貼ってある赤いものがミシュランガイドの写真っぽいですね。忘れちゃいましたが。

こだわりの醤油らーめん! 

メニューはこんな感じです。醤油らーめんが基本になります。

100円追加すると「ゆず香る白醤油らーめん」に変更できます。隣の女性が頼んでいましたね。

他にはしらすご飯やチャーシューご飯、なめ茸ご飯などがあります。

座席にはこのような紙がおいてあります。こだわりの強さが伺え、非常に楽しみになります。

醤油らーめんが届きました。所見の感想としては「美しい」ですね。

透き通ったスープにストレートの細麺、バラとロース2枚のチャーシュー。各素材がバランス良く並んでいる印象を受けます。美しい。

スープは醤油ベースで煮干しの味がするといった感じです。オーソドックス、そして美味しいです。

ストレートな細麺は喉越しが良く、それでいてモチモチして美味しいです。スルスルっといけますね。

バラとロース、2枚のチャーシューも美味しかったですね。甘辛いタレの味が染みています。

パット見普通のラーメンなんですが、非常に美味しかったですね。「原点にして頂点」といった感じ。余裕でリピートしたいですね。次は「ゆず香る白醤油らーめん」を攻めようかなと思います。

もちろんランチに利用するのも良いと思います。今日はこのへんで終わります。

関連ランキング:ラーメン | 学芸大学駅祐天寺駅