学芸大学「麺や すする」の特製つけ麺

こんにちは。

今日は学芸大学のつけ麺です。学芸大学駅近くの「麺や すする」に行ってきました。銭湯「千代の湯」の目の前ですね。

ここの「特製つけ麺」が美味しかったので紹介します。

「特製つけ麺」の盛り付けが美しい

学芸大学駅から5分くら歩いたところにあります。

外装がとてもオシャレなお店です。金曜日の夜9時前に行きましたが、待ち時間ナシで入店することができました。

内装もキレイで、女性一人でも行けるかと思います。今回は「特製つけ麺 中」を注文しました。麺は並・中が同一料金で1080円でした(たしか)。

「特製つけ麺」が届きました。長方形のお皿に麺・チャーシュー・味玉・ネギ・メンマ・ノリが乗せられています。

チャーシューが薄切りと厚切りの2種類あるのがポイントです。厚切りのチャーシューは豚の角煮のようで美味しそうです!

まずはスープから。スープは濃厚な魚介スープです。魚粉も入っており、鰹出汁の風味が強い味となっております。魚介風つけめんとしてはオーソドックスなタイプ。美味しいです。

麺と具材は本当に美しく盛り付けられていますね。

麺はツルツルでモチモチの中麺です。歯ざわりが最高ですね。スープともよく絡み、美味しいです!

乗っている柚子も良いアクセントになっています。

厚切りの方のチャーシューは甘めの味付けです。食べごたえがあって美味しいですね。

強いて言えば、早めにスープに入れておいたほうが、スープの味がチャーシューに絡んでより美味しく食べられるかもしれません。

味変用のラー油を入れると旨辛つけ麺になる!

座席の前には「すするつけ麺のすすり方外伝」という張り紙があります。

途中で「ゆず酢(左奥)」と「ラー油(中央)」を入れると味変を楽しむことができます。

ゆず酢を入れると、爽やかな味わいになります。そして、ここのラー油が非常に美味しいのです。ラー油を入れると旨辛つけ麺に変わり、最初のつけ麺とは別メニューのような違った美味しさを楽しむことができます。

次回は大盛りを頼んで、普通半分・ラー油入りつけ麺半分、という風に楽しもうかなと思います。

ラー油だけ麺にかけて食べるのも美味しそうですね。他には「坦々つけ麺」もあるので、そこも挑戦したいなと思います。ラー油の美味しいところなので、坦々系も期待が持てます。

学芸大学も美味しいゴハン屋さんが多いですね。他の店もドンドン開拓していきたいと思います。

また次回!