那覇空港「空港食堂」でソーキそば。沖縄最後の晩餐はここで!

こんにちは。

沖縄旅行の帰り、那覇空港に到着してから飛行機に登場するギリギリまで、沖縄料理を食べていたいじゃないですか。

...食べていたいじゃないですか。

というわけで、那覇空港のレストランを調べたところ、「空港食堂」というシブい名前をした評判の良いゴハン屋さんがあることを知ったので、フライト前最後の晩餐に行ってきました!

従業員用っぽいお名前ですが、一般の方も使えるとのことです。

那覇空港の端、わかりにくい場所にあります。

空港食堂は那覇空港の中でも、最高にわかりにくい場所にあります。下図にありますが、わかりますか?

1階下図の一番左、出入り口と休養室の間に、空港食堂があります。

f:id:abmngkr:20170822233729p:plain

那覇空港のレストラン街は4階にあるので、普通に過ごしていたら気づかないと思います。

「到着口A」を出たとこから右に向かって、琉球銀行の左を抜けた先にあります。非常にわかりにくいですよね。漂うアングラ感。

この通路の奥に、空港食堂があります。のぼりが2本立っているのが個人的にツボです。スポーツの応援みたい。 

これぞ「食堂」という店内

タコライスやちゃんぽん、チャーハン、丼物やカレーなどいわゆる「定食」らしいメニューが多いです。

沖縄らしく、沖縄そば系も充実しておりました。今回は「ソーキそば」・「おつまみ(うちな~天ぷら)」・「瓶ビール(オリオンビール)」を注文しました。

最後の最後まで沖縄を楽しもうという悪あがきです。

店内はいかにも「食堂」といった内装をしております。

また、カウンター上にはプロ野球のキャンプ地らしくプロ野球チームの旗が飾ってあったりします。

最後の沖縄料理をリーズナブルに味わう

まずはビール。中瓶で490円です。空港でこの価格は安いのでは、と思います。

次におつまみの中から選んだ「うちな~天ぷら」 です。具材の特定が難しかったのですが、鶏肉と、海藻類かと思います。

衣がフワフワしてて良い意味で天ぷらっぽくなかったですね!食感が新鮮で、かつ食べごたえがありましたね。美味しかったです。

もちろん、ビールとの相性も◎です。

お次はソーキそばとジューシーです。ソーキそばが650円で、ジューシーが160円です。ジューシーめちゃめちゃ安いです。 

ソーキそばは650円の割に、ソーキがたっぷりで嬉しいですね。ボリュームもなかなかあります。ソーキの脂っぽさを感じさせない、あっさりとした仕上がりになっております。

ジューシーもあっさりめです。きしもと食堂で食べたものと比べると全然違うと思います。

こちらのジューシーはあっさりとしながらも、出汁の味が効いていて美味しかったです。空港でリーズナブルに食べるには十分すぎる味です。

空港食堂はフライト前のゴハンに最適! 

本日は那覇空港内にある空港食堂を紹介しました。

「フライト前に沖縄料理を食べたい!」という方にオススメできる場所だと思います。リーズナブルで味もそこそこ美味しいと思います。さすがにズバ抜けて美味しいというわけではありませんが、十分美味しいと思いますよ。

1000円あれば十分食べられるというのも、空港という場所を考えればグッドです。

本日はこのへんで終わります。また次回!

関連ランキング:沖縄料理 | 那覇空港駅