HOLYDAYS!

平日更新!余暇を楽しむブログです

上野動物園でパンダの「シャンシャン」を観てきました-みんな振り向いてくれなかった

どうも、こんにちは!

私はこの手のニュースには疎かったのですが、巷ではパンダの「シャンシャン」が大変話題になっているようですね。

2017年12月に公開になったらしく、かつ私の親がシャンシャンの観覧チケットを持っていたので親子で上野動物園まで行ってきました。

シャンシャンを拝むのは抽選!

シャンシャンは今年の6月に生まれたそうですね。

シャンシャンは、1972年から上野動物園で飼育してきたジャイアントパンダの歴史の中で、自然交配で、かつ順調に成長している、初めてのパンダです。
現在は、室内に設置している木に登ったり、シンシンの後を小走りで追いかけたり、食べているタケに興味をもちかじってみたりするなど、できることが日々増えています。
2017年12月の公開に向け、室内展示室で多くの人前に出ることや、屋外放飼場に出て外に慣れるよう、練習をしているところです。

パンダプロフィール|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」

12月から公開されたんですね。それも知りませんでした(汗)

そして何よりも驚いたのは、シャンシャンを観るのは抽選ということです。

f:id:abmngkr:20180121231048p:plain

かなり倍率が高かったらしいですが、なぜかうちの親は当てたのです。

シャンシャン見学は列に並んで

上野動物園の目玉「ジャイアントパンダ」コーナーです。

こんな感じで待機列のレーンがありましたが、ほとんど使われていませんでした。

シャンシャンは「リーリー」と「シンシン」の間の娘らしいですね。

パンダは生まれた時は白黒じゃないんですね。マジか。 

シャンシャンは「香香」と書くみたいですね。へー。

列をある程度区切って、ワンブロックの集団が3分ずつ観る感じでした。

歩きながら観るわけではなく、このように集団で横に広がって観ます。

この時度のアングルになるかはマジで時の運です。

シンシンはぐうたらしてた

シンシンはこんな具合でぐうたらしてました。

せめて寝るならこっち向いてくれ...。

その姿は完全にニートそのもの。

私は上野まで何を観に来たのでしょうか。

シャンシャンも、振り向いてくれない

シンシンには裏切られましたが、シャンシャンは大丈夫なはず。

ライブ映像的には、木にも登っていますし、大丈夫かな?と思っていました。

が、寝てました。(笑)

観覧時間中ずっと寝ていました...。

我々は東京(千葉)から来たので良いですが、地方から来てコレを観た人はどんな気持ちになるのでしょうか。

運がなかったです。

リーリーは後方パドックを周回

ラストはリーリーです。

頼みの綱。お前は起きててくれよ...。

リーリーは起きていました!

が、後方をひたすら周回していました。

パドックのように、同じ場所をひたすら回っていました。おかげであんまり見れず...。

中学校以来の上野動物園

600円の割には楽しめましたが、ひたすら運には恵まれませんでした。